大きな差がつく!チャイルドシートの選び方

大きな差がつく!チャイルドシートの選び方

★チャイルドシートは6歳未満の幼児を自動車に乗せる時に使用することが義務となっている安全器具です。当然ながらしっかりいいものを選びたいものです。

サイトトップ > チャイルドシートの基礎知識

スポンサードリンク

大きな差がつく!チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの基礎知識


チャイルドシートという言葉は和製英語なのですが、これはまだシートベルトをちゃんと着用できない小さな子供のための器具で、自動車に乗った際に、安全を確保するために義務化されています。


日本の法令では「幼児用補助装置」と呼ばれ、CRS( Child Restraint System; 幼児拘束装置)という規格名称もあります。日本では2000年4月1日の改正道路交通法(現在の第71条の3第3項)から義務化され、運転者が6歳未満の幼児を自動車に乗せる場合に義務付けられています。


チャイルドシートは衝突時の安全確保に加えて、幼児は車内で暴れることもあるので、安全運転のためには特に必要とされているのです。ただし、幼児の体型変化は非常に大きいので、実際には幼児の体格に合わせて種類があります。


まずは乳児用ということで、首がまだ据わっていない乳児(10kg未満、0~12ヶ月程度)用です。コレの場合はベビーシートと言うことも多く、横向か後向きの姿勢で使います。前向きシートだと、衝突時に柔らかい乳児の身体に強い衝撃を与えるので使われません。更に、後ろ向きで装着する場合でも、エアバッグ作動時に、チャイルドシートごと弾き飛ばされる恐れがあるので、必ず後部座席に取り付けるように指定されています。


こうして後向きに固定するチャイルドシートは、その座席形状と空間の関係から、横向きならベッド型、後向きなら斜め45度の抱っこ型になっています。どちらがいいのかは双方にメリットとデメリットがあるので、どちらとも言えません。ちなみにアメリカでは原則として後向きが義務づけられています。乳児用以外の種類は次項で説明します。


大きな差がつく!チャイルドシートの選び方

MENU



スポンサードリンク